Exhibition

最初に目にするものは光 山野井咲里展

開催期間 : 4月3日(土曜)~4月11日(日曜)月曜休廊

■作家コメント

最初に目にするものは光

日常は同じ瞬間はひとつもなく

毎回新しい風景が生まれている

その一瞬を切りとってきたものです

人が生まれて最初に目にするものは光

であるように毎回最初の新しい気持ち

でいたいと思います

■略 歴

山野井 咲里 yamanoi sari

1974 茨城県生まれ

1995 常磐短期大学卒業

         渡英

1996 都内スタジオ勤務

1998 フリーで活動

2014 茨城に拠点を移す

[個展]

2020 「風景が、寄り添う」今日ハ晴レ(常陸太田)

2020 「いきづく」ギャラリー・サザ(ひたちなか)

[その他展覧会]

1999 「Untitled Exhibition」ピガ原宿画廊2 (原宿)

2017 「S.D.L Photo Exhibition」gallery Y、Gallery COLB (つくば)

2018 「合同写真展 ミシュマシュ」梅津会館 (常陸太田)

2019 「5gallery’s」スキマスペースプロジェクト(大子)

2021  映画「骨格」スチル写真展 (常陸太田)

茨城県常陸太田市在住

戻る